美容外科専門医師求人で転職をしました

わずか10年の間で一介の勤務医から院長になった

美容外科 医師 求人美容外科週4日相談可の常勤医師求人検索結果

当初は勤務医のままで良いと考えていたのですが、代表の院長から別院を桜木町駅前に開設するという話を聞きました。
嬉しいことに私にその別院を任せたいとも言われ、今院長として業務にあたっているわけです。
わずか10年の間で一介の勤務医から院長になったというのは、自分でも信じられないほどの出来事です。
私はサラリーマン家庭で育ち、本当であれば医師になれるような存在でもありませんでした。
親に学費面で苦労をかけるわけにもいかず、奨学金をもらって大学を出ました。
その奨学金の返済はようやく2年前に終わっており、長いあいだ重荷となったものです。
これからはこの苦労を胸に秘めて、美容外科医療に貢献をしていこうと考えています。
これから医師になろうと考えている方に、私からアドバイスを残しておきましょう。
当初は幼い頃から夢に描いていた専門医になるかもしれません。
それはとても素晴らしいことですが、必ず現実を知ることになるでしょう。
医師というのは理想だけでは円滑な仕事ができないものです。
自分の生活も両立させながら業務をしないといけないため、必要であれば転身をすることも重要です。

共立美容外科▼医師▼求人 https://t.co/bQGlhktUQx

— 医師の在宅/介護施設/健康診断の求人・転職サイトランキング (@kyuryoukakumei) October 23, 2021

なぜ内科から美容外科に転身をしたのかというと、全国的に医者が飽和状態にあったからようやく患者とゆっくりと迎え行き届いた医療を提供できる医師になれたわずか10年の間で一介の勤務医から院長になった